令和4年5月『赤字中小製造業を6ケ月で黒字化する『秘訣』セミナー』詳細

【間違いだらけの】生産管理|多品種少量生産にかんばん方式は適用できない

経営者

私の知り合いの中小製造業の経営者には、かんばん方式を適用しないと利益がでないと考えている人がいますね。私はかんばん方式をよくわかっていないので、使用すらしていませんが・・・

経営者

かんばん方式を使ったことあるけど、上手く機能しなかったんだよな!

カスヤ

実は多品種少量生産のメーカーにおいて、かんばん方式は適用できません。まずはこの誤解を払拭してほしいのです

経営者

そうなんですね!

最新セミナー情報

『近代的工場管理の新常識を学ぶ “見直すべき10の視点”』

従来の【常識】を疑ってみると、驚くほどの【利益】がでる

従来のやり方に限界を感じ「工場管理を正しく学びたい」経営者の参加をお待ちしております!

開催日 :2022年5月20日(金)、13:00 ~ 15:30

開催場所オンラインセミナー(ZOOM)

*たった10のものづくりの真理に気づくだけです。
 お金をかけずに、黒字化のしくみを作り、今すぐ現状を変えてみませんか?

目次

多品種少量生産にかんばん方式は適用できない

カスヤ

この話を聞くことで、多品種少量生産にかんばん方式は適用できない理由が分かります。そして、お金をかけずに、すぐに実施できる、多品種少量生産に適した生産計画方法をご紹介します

経営者

よく考えたら、かんばんは情報伝達手段の一つだから、私達のような多品種少量生産で無理に使う必要はないんですね!

経営者

そうですね、その多品種少量生産に適した生産計画方法を知りたいです!

カスヤ

はい、順番に説明していきますよ!しっかり理解してくださいね

経営者

そもそも、かんばんってどんな働きをするんですか?

参照先:https://www.smartmat.io/column/streamlining/8021
カスヤ

上の図の流れを簡単に説明します

カスヤ

かんばん方式は、後工程が引き取りかんばん(例:A×50個)を持って前工程に取りに行きます。前工程には、A×50個の上に生産かんばん(仕掛けかんばん)がつけられています

カスヤ

後工程の人は、生産かんばん(仕掛けかんばん)をはずし、引き取りかんばんをつけ、後工程に持っていき加工します。前工程は外された生産かんばん(仕掛けかんばん)分のみ生産します

経営者

なるほどです。

カスヤ

多品種少量生産の中小メーカーにおいては、後工程がいつ取りに来るか分かりません。したがって、前工程は仕掛品だらけになり、
トヨタ生産方式の根幹思想であるJITを否定してしまうんです

カスヤ

ちなみに、JIT(ジット)は知っていますか?

経営者

必要な物を、必要な時、必要なだけ、必要な工数でつくる

カスヤ

素晴らしい、その通りです。多品種少量生産の中小メーカーにおいては、かんばん方式は使えないのです。かんばん方式が使えるのは、少種多量生産に限定されるんです

経営者

はい、よく分かりました。だから、私の工場ではかんばんが使えなかったんですね!でも、なぜ自動車業界ではかんばんが適用されているのでしょうか?

カスヤ

はい、いい質問ですね!それでは動画で詳しく解説しているので、ご覧ください!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする

コメント

コメントする

目次
閉じる