【令和4年10月12日】工場管理の新常識が手に入る 赤字工場をたった6ケ月で黒字化する『秘訣』詳細

【間違いだらけの】生産管理|稼働率は上げるな生産性を上げろ セル生産で一撃生産性が15%以上向上する【秘策】

カスヤ

あなたに質問です。稼働率を上げ続けるとどうなると思いますか?

経営者

機械を回すために不要な残業や休日出勤が増え、人件費が膨らみますね!

経営者

更に稼働率を上げるためには、従業員の人数を増やす、稼働日を増やす、オフィスを拡大する…

経営者

これって、意味あるんですか?

カスヤ

このようなことは全く意味をなさないことが分かりますよね!

カスヤ

しかし、多くの人は稼働率を上げることでコストアップになっていることに疑問を持ちません

最新セミナー情報

工場管理の新常識が手に入る
赤字工場をたった6ケ月で黒字化する『秘訣』
~激動の令和 「顧客感動」を獲得し「売上倍増」する方法を教える~

【先着5社様限定】経営者向けオンラインセミナーのご案内

開催日  :2022年10月12日(水)、13:00 ~ 15:30
     :2022年10月27日(木)、13:00 ~ 15:30

開催場所オンラインセミナー(ZOOM)

参加費 :3,000円(消費税込み)※参加者特典、1日無料工場診断
      ※他の経営者様と一緒にご参加いただくと紹介者特典として無料になります。

目次

稼働率は上げるな生産性を上げろ セル生産で一撃生産性が15%以上向上する【秘策】

カスヤ

ここでよく言われることは、生産性を上げよ!「生産性」という言葉です

カスヤ

生産性が低いとか、生産性が悪いとかよく言われますが、生産性ってそもそも何ですか?あなたの言葉で説明できますか?なぜ、生産性が重要なんでしょうか?

経営者

え!生産性…分かりません

カスヤ

今回は、生産性を上げることについてあなたと一緒に考えてみます。この話を聞くことで、現状の生産性が1.5倍から2倍以上に上がることがあります!

カスヤ

ものづくりには、ライン生産とセル生産というものがあります。ライン生産とは、例えば、ハンバーガーを作る工程を想像してください

経営者

ライン生産とセル生産は、聞いたことあるぞ!

カスヤ

ハンバーガーを作る工程は大きく3つです。パンを切る、具を挟む、バーガーを包む、この3つです

1つのパンを切るのに1分かかるとします
60分で60個生産することができます
次に、具を挟む作業は1つ挟むのに2分かかるとします
60分で30個生産することができます
最後に、包む作業1つ挟むのに1分かかるとします
60分で60個生産することができます

では、ここで問題です。1時間でハンバーガーは何個作れるでしょうか?

経営者

60個!じゃないの?

経営者

1時間で60個パンを切れても、1時間で30個しか挟めなかったら、1時間の出来高は30個ですよね?!

カスヤ

そうです、30個です。これがライン生産という仕事のやり方なんです。複数の作業者が互いに作業を分担し、分業体制で生産をしている工場は多いです

経営者

しかし、分業が必ずしも生産性を上げるとは限らない…ということですか?

カスヤ

はい。ほとんどの会社がこのようなマネジメント構造になっています。例えば、部署区切りにしたり、役職区切りにするからこそ、いつも一番生産性の低い人にレベルが合ってしまう。そう、これが実態なんです

経営者

なるほどね。生産のやり方だけでなく、会社のマネジメント構造にもいえることなんですね!

カスヤ

そうなんです。とはいえ、ものづくりでの例が分かりやすいので、セル生産というもので考えてみます

経営者

なるほど、全ての工程をそれぞれが1人やるやり方なんですね?

カスヤ

はい、セル生産の方が、生産性がよくなる場合が多いんです!それでは、具体例で解説しますので、続きは動画をご覧ください

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする

コメント

コメントする

目次