【令和5年1月30日 特別増枠開催】儲かる工場の経営者が考える「ほったらかし経営」詳細

【間違いだらけの】生産管理|どんなに安くても外注にだすな!

カスヤ

今回は、どんなに安くても外注にだすな!について話します。

カスヤ

外注や協力会社に加工を依頼している中小製造業は多いです。
しかし、ほとんどの場合、安易に外注依頼しているのが実態なんです。

カスヤ

そして、外注依頼して赤字になっている工場もあります。

経営者

安易にって・・・なぜそんなことが分かるんですか?

経営者

うちは外注に依頼するのが習慣になっているから・・・確かに考えて出しているとはいえないな・・・

カスヤ

あなたの工場でも、単価の安い外注に依頼すればコストダウンになると考えていませんか?

経営者

はい、社内より単価が安いですからね!

経営者

そうだよ!うちは社内加工の単価が高いんだ、だから外注したっていいだろ!

カスヤ

本当にそう思っているのですか?

最新セミナー情報

残業0、週休2日で
黒字化経営するための
3ステップ

「ほったらかし経営」

開催日 :令和5年2月13日(月)13:00 ~ 15:30
      令和5年2月20日(月)13:00 ~ 15:30

開催場所オンラインセミナー(ZOOM)

参加費 :5,000円(消費税込み

【お申込みはお早めに】
お申込みはコチラ↓↓↓(2/2から)
儲かる工場の経営者が考える「ほったらかし経営」

目次

生産管理|どんなに安くても外注にだすな!

カスヤ

結論から言います。単価が安い外注に依頼するとコストダウンになるというのは間違いです。コストダウンにはなりません。

経営者

えっ!そうなの・・・?

カスヤ

はい、工場の大切なお金を浪費しているんです。このムダに経営者・管理者は気づいてください。

経営者

でも、外注加工はうちの社内より単価が安いですよ。詳しく教えてください。

近江

社内加工する場合と外注加工する場合は、お金の流れが異なる!異なるものを比較することはできない!

経営者

近江先生!なるほど・・・何となく分かってきたぞ、社内単価5,000円で外注単価2,500円として、社内単価の5,000円って、実際には・・・

カスヤ

流石、社長、お金の流れに気づいたようですね!おっと、ネタバレになってしまうので、続きは動画をご覧くださいね。

カスヤ

そして、これは最も重要なことなので、ぜひ動画を見ていってほしいのですが・・・『工場は誰のために仕事をしているんですか?』『何であなたの工場では外注しているんですか?』

カスヤ

ご自身に問いかけながらご覧ください

経営者

そうですね、何か気づきが得られそうです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする

コメント

コメントする

目次