令和3年9月セミナー『近代的工場管理の新常識を学ぶ “見直すべき10の視点”』詳細

ステップ3『改善力ある人づくり』を目指して

こんにちは、技術士(経営工学)のカスヤです。
結局、改善力ある人づくりって何なの?ということにお答えしましょう。

最新セミナー情報

『近代的工場管理の新常識を学ぶ “見直すべき10の視点”』

従来の【常識】を疑ってみると、驚くほどの【利益】がでる

従来のやり方に限界を感じ「工場管理を正しく学びたい」経営者の参加をお待ちしております!

開催日 :2021年9月24日(金)、9月29日(水)、13:00 ~ 15:30
      ご都合のよろしい日程にご参加ください、9/29(水)3社申込可

開催場所オンラインセミナー(ZOOM)

*たった10のものづくりの真理に気づくだけです。今すぐ現状を変えてみませんか?

目次

改善力ある人とは、想像して下さい。利益を生み出す工場とは何か?

よくよく考えると工場という実体ではなく、
工場で働く人は利益を生み出す仕事ができるか!?ということに集約されます。

そうです、人なんです、全ては人にあります。

これまで沢山の工場を見てきましたが、
結局のところ、モノづくりとはヒトづくりである、ということなんですよ。

利益は、結果であり、利益を生み出すには、利益を生み出せる人を育てるしかない。

まさにこれが経営の原点ではないでしょうか。
だから、工場においては、改善力ある人づくりが必要なんです。

この改善力とは、問題を発見する力、そして問題を解決する力を指します。

すなわち、
自ら工場を観察し、問題を発見し、解決してしまう人を一人でも多く育てていくことが、
モノづくり工場が目指すべき道になるのです。

この視点を大切にし、知恵を出し、汗を流しながら、
経営者がリーダーとなり工場を変えていく姿勢があれば、
どんなに世の中が変わっても、必ず利益を出せる強い工場になっていきます。

旧ブログはこちらからどうぞ。
http://pe-michanpapa.hatenablog.com/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする

コメント

コメントする

目次
閉じる