令和3年9月セミナー『近代的工場管理の新常識を学ぶ “見直すべき10の視点”』詳細

コーヒーブレイク5 (自分で考えるの意味は何?)

こんにちは、技術士(経営工学)のカスヤです。
週末はコーヒーブレイクです。

最新セミナー情報

『近代的工場管理の新常識を学ぶ “見直すべき10の視点”』

従来の【常識】を疑ってみると、驚くほどの【利益】がでる

従来のやり方に限界を感じ「工場管理を正しく学びたい」経営者の参加をお待ちしております!

開催日 :2021年9月24日(金)、9月29日(水)、13:00 ~ 15:30
      ご都合のよろしい日程にご参加ください、9/29(水)3社申込可

開催場所オンラインセミナー(ZOOM)

*たった10のものづくりの真理に気づくだけです。今すぐ現状を変えてみませんか?

目次

自分で考える意味は何?

コンサル現場で、「社長に自分で考えろ、と言われるがよく分かりません」
と言われます。

また、このブログでも、経営者は、管理者に考えさせることの意味を考え抜くんです。
と言っています。

確かに、考えてと言われても、どうしたらいいのか分かりせんよね。

「自分で考えよ」は、自分で考えられる力を持った管理者に言えることで、
ほとんどの管理者は自分で考えよと言われても、考える力を持っていません。

自分で考える力を付けるのが、私達の提唱するFL法の実践です。
FL法のしくみの中で、改善力(自分で考える力)を付けていくのです。

すなわち、自分で考えるとは、
利益を上げる活動を進める中で(しくみを導入しながら)改善を進めることなんです。

何となく、分かって頂けましたか?

旧ブログはこちらからどうぞ。
http://pe-michanpapa.hatenablog.com/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事をシェアする

コメント

コメントする

目次
閉じる