こんにちは、技術士(経営工学)のカスヤです。

 

前回から、
儲かる工場づくりに役立つ“具体的な内容”
をお伝えしたいと思います。

 

そのテーマは、

 

  • 工場が抱える2つの課題
  • 「利益」とは何か
  • 利益を生みだす瞬間
  • 生産性の目標設定
  • 「人財」とは何か
  • 錯覚を見抜く力
  • 改善のしくみづくり
  • 最近のコンサル事情
  • 工場管理の常識のウソ

 

等々です。

 

毎回、新たな発見や気づきがあると思います。

 

それでは、前回までの復習です。

 

① 課題とは、「あるべき姿」と「現状」の「ギャップ(差)」である。

② 工場の課題とは、「利益確保」と「人財育成」である。

③ 企業が継続するためには、「しくみ」が必要である。

④ 今の時代だから成功するやり方ではダメ、

  誰でも、いつでも成功するやり方が絶対に必要である。

⑤ 利益=工場に残る現金を増やすような仕事のやり方

しくみとは、誰がやっても、何度やっても、

    同じ結果がでる仕事のやり方

 

たった90日であなたの工場が黒字化する方法【利益を生み出す瞬間を知れ】

たった90日であなたの工場が黒字化する方法【利益とは何か】

たった90日であなたの工場が黒字化する方法【中小企業のあるべき姿】

たった90日であなたの工場が黒字化する方法【中小企業の課題】

 

検査は「働き」か「動き」か?

厳密に言うと、検査は「動き」です。

 

どんなにたくさんの工数を検査に投じても、利益は増えません。
むしろ、利益が減っていくことになります。

 

しかしながら、
検査は品質保証の重要な仕事であり、
顧客に迷惑をかけることを防ぐ大切な工程でもあります。

 

つまり、
検査は「働き」と解釈するのが適当でしょう。
※正しく早く検査することが前提です。

 

[ここで少し考えてみましょう]

 

あなたの工場で利益を生む瞬間はいつですか?

 

あなたの工場では「動き」を減らし、
「働き」を増やす工夫をしていますか?

 

では、復習です。

 

① 利益を生み出す瞬間を「働き」という

② モノを保持する左手は死んでいる

③ 検査は「働き」と考える

 

以上です。

 

旧ブログはこちらからどうぞ。
http://pe-michanpapa.hatenablog.com/