こんにちは、技術士(経営工学)のカスヤです。

 

前回から、
儲かる工場づくりに役立つ“具体的な内容”
をお伝えしたいと思います。

 

そのテーマは、

 

  • 工場が抱える2つの課題
  • 「利益」とは何か
  • 利益を生みだす瞬間
  • 生産性の目標設定
  • 「人財」とは何か
  • 錯覚を見抜く力
  • 改善のしくみづくり
  • 最近のコンサル事情
  • 工場管理の常識のウソ

 

等々です。

 

毎回、新たな発見や気づきがあると思います。

 

それでは、前回までの復習です。

 

① 課題とは、「あるべき姿」と「現状」の「ギャップ(差)」である。
② 工場の課題とは、「利益確保」と「人財育成」である。
③ 企業が継続するためには、「しくみ」が必要である。
今の時代だから成功するやり方ではダメ、
  誰でも、いつでも成功するやり方が絶対に必要である。

 

たった90日であなたの工場が黒字化する方法【中小企業の課題】

 

たった90日であなたの工場が黒字化する方法【中小企業のあるべき姿】

 

 

利益とは何か?

そもそも、利益とは何でしょうか?

 

辞書では、
利益とは「事業などをして得る儲け」と書かれています。

 

これに対して、
私達のコンサルにおける利益の定義とは、

 

『工場に残る現金』です。

 

この定義は、
売上総利益、営業利益、経常利益、
等の会計用語等とは違います。

 

大切なのは『現金』です。

 

少し考えてみましょう。

 

収入は現金で支払われていますよね?

 

工場長をはじめとする工場の管理者達は、
このことをしっかりと理解する必要があります。

 

つまり、
利益=工場に残る現金を増やすような仕事のやり方
をしなければならないということです。

 

それができれば、
収入(給与・ボーナス)を増やすことができますよね。

 

なぜなら、収入は現金で支払われるからです。

 

あなたが、お子さんにお小遣いをあげるとき、
大切になるのは家計簿の計算上の収支でしょうか?

 

違いますよね、
財布に現金が入っているかどうかですよね。

 

以前のエントリーでも触れましたが、多くの管理者は、

 

一度にまとめてつくると、原価が安くなり利益が出る、
と考えています。

 

もしかすると、あなたもそう考えているのではないでしょうか?

 

これは間違いであり、非常に危険な考え方です。

 

一度にまとめてつくると、どういうことになるか?
次に解説しますので、少し考えてみて下さい。

 

利益=工場に残る現金を増やすような仕事のやり方

 

私達のコンサルにおける利益の定義です。

 

 

一度にまとめて作は間違い、非常に危険な考え方だ!

さて、一度にまとめてつくると、
どういうことになりますか?

 

まず、工場から、
材料費・加工費・外注費などの現金がでていきます。

 

しかし、
製品が出荷されるまでは、工場に現金は入ってきません。

 

どうなりますか?

 

そうです、
工場に残る現金が減りますよね。
つまり、利益が減ります。

 

現金が減る=利益が減る

 

経営者にとっては、当たり前のことですよね。

 

ところが、多くの管理者は、
以下のように間違えた考えをしています。

 

「そのうち出荷されることは間違いない」
「だから、今のうち、生産しておいてもいいだろう」

 

彼らは、自分のお金を払うわけではなく、
自分のお金で材料を買うわけではありません。

 

ましてや、
売れなかったときの責任をとることもないわけですから、
どんどん作ることに全く抵抗がないのです。

 

  • 製品をまとめてつくると原価が下がり、利益が出る。
  • 材料をまとめて買うと単価が下がり、利益が出る。

 

これらは、一見利益を増やす行為にみえるかもしれません。

 

しかし、
実際は利益を減らす行為に他なりません。

 

大切なので、もう一度言います。

 

現金が減る=利益が減る

 

[ここで少し考えてみましょう]

 

あなたの考える『利益』の定義はなんですか?

 

あなたの工場では、
利益が増える(現金が減る)仕事のやり方をしていますか?

 

旧ブログはこちらからどうぞ。
http://pe-michanpapa.hatenablog.com/