こんにちは、技術士(経営工学)のカスヤです。

 

今回から、
儲かる工場づくりに役立つ“具体的な内容”
をお伝えしたいと思います。

 

そのテーマは、

 

  • 工場が抱える2つの課題
  • 「利益」とは何か
  • 利益を生みだす瞬間
  • 生産性の目標設定
  • 「人財」とは何か
  • 錯覚を見抜く力
  • 改善のしくみづくり
  • 最近のコンサル事情
  • 工場管理の常識のウソ

 

等々です。

 

毎回、新たな発見や気づきがあると思います。

 

たった90日であなたの工場が黒字化する方法「中小メーカーの2つの課題」

そもそも、「課題」とは何でしょうか。

 

課題とは、

 

「あるべき姿(目標、ゴール)」と
「現状」の「ギャップ(差)」のことです。

 

あるべき姿(目標、ゴール)が課題で、
課題を達成するための道のりにある、
個々の障害物が問題(問題点)になります。

 

したがって、問題点はいくつか、
場合によってはいくつもあると思います。

 

あなたにも、きっと課題があるはずです。

 

あなたにとっての「あるべき姿」は何ですか?
そして「現状」とは何ですか?

 

その結果、どのような「課題」が出てくるでしょうか?
この機会に、じっくり考えてみてください。

 

中小メーカーの2つの課題

私たちはこれまで数百社以上の工場を診てきました。
その結果、概ね次の2つに集約されます。

 

課題1:利益確保

課題2:人財育成

 

具体的には、

 

課題1:
どんなに経営環境が変化しても、
常に利益を確保できる強い工場管理のしくみを構築すること。

 

課題2:
どんな難しい問題が発生しても、
果敢に挑戦していく強い現場リーダーが育つしくみを構築すること。

 

これが2つの課題です。

 

あなたの工場の現状はいかがでしょうか?
あなたの工場でも同じではないでしょうか?

 

さて、ここでのキーワードは『しくみ』です。

 

しくみとは、
『運や人の能力に左右されない仕事のやり方』です。

 

さらに具体的に考えてみます。
「あなたの工場に“しくみ”はありますか?」

 

それは、
「誰がやっても、何度やっても、
 同じ結果がでるということです」

 

次回は、しくみを踏まえて、
企業のあるべき姿について考えてみます。

 

旧ブログはこちらからどうぞ。
http://pe-michanpapa.hatenablog.com/