こんにちは、技術士(経営工学)のカスヤです。
「うちの会社(工場)は特殊だからな…」
あなたもこんなセリフを、聞いたことがあるでしょ?

でも、特殊な会社(工場)は存在しませんからね。
「どこの会社(工場)も問題の本質は同じである」ということなんです。

そして、本日から紹介する「5ステップ」はどの業種の工場でも適応できるんです。
あなたの工場に当てはめて、読んで下さいね。

工場改革チームを立上げよう

強い工場になるには、まず工場改革チームを立上げます。
そして、チームメンバーの中から一人リーダーを決めましょう。

チームメンバーですか!?それは社長(経営者)であるあなたが決めて下さい。

メンバーは、製造、生産管理、品質保証、購買、検査、梱包・出荷、
そして営業の主要部門から1名ずつ選定しましょう。
営業からも1名参加させて下さいね。意外ですか?!
工場人員40-50名規模で、5-7名ほどの人数がよいでしょう。

さて、ここがポイントです。

メンバーはできるだけ若い人(50歳未満)を選ぶことをオススメします。
メンバーは業務経験とは関係ないですよ。むしろ業務経験が長い人を外したほうがいいんです。

なぜなら、工場改革とは今の仕事のやり方を大きく変えてしまうことであり、
ベテランと言われる人ほど抵抗勢力になるからなんです。

私も経験していますが、何か新しいことをやろうとすると、
ベテラン管理者ほど「できない理由」を言うんです。とにかく「できない理由」ばかりです。

それに、これから工場を背負っていく・引っ張っていくのは、若い人ですからね。
工場改革のように、新しいことに挑戦するときには、
常に「どうすればできるのか?」と『できる方法』をひたすら考えることが大切なんです。
だからこそ、業務経験が浅くても若くて元気のある人を選んで下さい。

『できる方法』を必死で考えるのに、「できない理由」を聞かされたら、嫌ですよね。

そして、ここで社長(経営者)が一番悩むことがあるんです。
何だと思いますか?
次回説明しますね。お楽しみに。

旧ブログはこちらからどうぞ。
http://pe-michanpapa.hatenablog.com/