こんにちは、技術士(経営工学)のカスヤです。
先週に引続き、利益を爆発させる法則について、1つずつ解説しています。

1つ目、2つ目、3つ目、4つ目、5つ目そして6つ目の法則を覚えていますか?

『動きを減らして、働きを増やす』
『管理者は存在価値を示せ(利益は結果)』
『工場管理は全て金額で行え』
『人に仕事をつけるのではなく、仕事に人をつけよ
つくったものを出荷するのではなく、出荷するものをつくる』
『見えないものは変えることができない。事実を正しく知る』

本日は、7つ目の法則の続きです。

できる方法を考えるにはどうしたらいいでしょうか?一緒に考えてみましょう。

魔法の言葉、『まず、やってみよう』

できる方法の選択肢は無限です。
できる方法を考え抜き、できるまで粘り強く続ける。
この精神こそ、利益を生みだす源泉になります。

『まず、やってみよう!』

この一言によって、利益を生みだす扉が開きます。

やる前から、できるか、できないかを会議室で議論しているほどムダなことはありませんよね。
そんな時間があったら、現場に行って、まずやってみることです。

やってみて、うまくいかなければ、別の方法を考えればいいだけのことです。
大切なことは、できるか・できないかという判断ではありませんよ。

『やるか・やならないかという決意』なんです。

やると決意することで、利益を生みだす歯車が動き出します。 
会社の経営は、生物の進化と同じです。

強い生物(会社)ではなく、変化に対応できた生物(会社)が生き残っていく。
生き残るためには、変化し続けなければならないんです。

旧ブログはこちらからどうぞ。
http://pe-michanpapa.hatenablog.com/