こんにちは、技術士(経営工学)のカスヤです。
先週に引続き、利益を爆発させる法則について、1つずつ解説しています。

1つ目、2つ目、3つ目、4つ目そして5つ目の法則を覚えていますか?

『動きを減らして、働きを増やす』
『管理者は存在価値を示せ(利益は結果)』
『工場管理は全て金額で行え』
『人に仕事をつけるのではなく、仕事に人をつけよ
つくったものを出荷するのではなく、出荷するものをつくる』

本日は、6つ目の法則です。

利益を増やすポイントが見えていない!

あなたの工場も利益を増やすために日々がんばっていますよね?
しかし、多くの工場では期待するほど利益が出てないんです。

なぜかって?

それは、利益を増やすポイントが見えていないからです。

人間には、見えている世界と見えていない世界があります。
盲点という言葉があるように、見ているようで実は見えていないことが沢山あるんです。
同じ絵を見ても、見る人によって絵から得られる情報が異なりますよね。

人が何かを見るとき、その人の価値観というフィルターによって、
見えるものと見えないものに分けられてしまうんですよ。

利益を生み出すポイントが見えているか、見えていないか。

この視点で仕事のやり方を総点検しなくてはなりません。
利益が出ないのは、利益を生みだすポイントが見えていないというメッセージです。

まず素直に、自分にはまだ見えていないポイントがあると認めましょう。

旧ブログはこちらからどうぞ。
http://pe-michanpapa.hatenablog.com/