こんにちは、技術士(経営工学)のカスヤです。
先週に引続き、利益を爆発させる法則について、1つずつ解説しています。

1つ目、2つ目、3つ目そして4つ目の法則を覚えていますか?

『動きを減らして、働きを増やす』
『管理者は存在価値を示せ(利益は結果)』
『工場管理は全て金額で行え』
『人に仕事をつけるのではなく、仕事に人をつけよ

本日は、5つ目の法則の続きです。

昨日、本当の「効率化」とは、
『つくったものを出荷するのではなく、出荷するものをつくる』
この発想が全ての生産活動の原点になる。
という話をしました。

あなたが効率的と信じていることは非効率だ!

工場管理にはいくつかの『常識』が存在しますよね。
あなたも聞いたことがあると思います。

「材料をまとめて買うと単価が安くなり利益が増える」
「生産をまとめて行うと原価が安くなり利益が増える」

はたして、このような『常識』は真実なのでしょうか?

効率的と信じていることが、逆に非効率ではないのか?!

ここに意識を集中させてみて下さい。
「利益って何なの?」
「利益が増えるとはどういうことなの?」

工場管理の常識を崩していくことが、利益を生みだす可能性を広げるんです。

旧ブログはこちらからどうぞ。
http://pe-michanpapa.hatenablog.com/