こんにちは、技術士(経営工学)のカスヤです。
先週に引続き、利益を爆発させる法則について、1つずつ解説しています。

1つ目、2つ目の法則を覚えていますか?
『動きを減らして、働きを増やす』
『管理者は存在価値を示せ(利益は結果)』

本日は、3つ目の法則の続きです。

金額を意識できるしくみを構築せよ

想像して下さい。

上限のないクレジットカードでたくさん買い物をして、
今月いくら使ったか分かっていない人は、
高い確率でお金に困る人生を歩むことになりますよね。

一方、家計簿をしっかりつけて、
日々の生活費を把握している人は、確実に貯蓄できるでしょう。

すなわち、金額を知るという習慣を持つだけで、
コストダウンが実現することも珍しくないんです。

驚くほどの金額が会社から外へ出ていることに気づくと、自然と行動が変わってきます。

不良品による損失金額、在庫金額、外注費、人件費(残業代)など、
工場管理において知るべき金額は沢山あるんです。

工場長から課長、現場リーダーまで、『金額を意識できるしくみ』を構築してみませんか。

利益を生みだす習慣を持つことが、利益を生みだす土台になります。
その鍵を握るのが、金額を知るということになります。

旧ブログはこちらからどうぞ。
http://pe-michanpapa.hatenablog.com/