こんにちは、技術士(経営工学)のカスヤです。
連日、利益を爆発させる法則について、1つずつ解説しています。

1つ目、2つ目の法則を覚えていますか?
『動きを減らして、働きを増やす』
『管理者は存在価値を示せ(利益は結果)』
本日は、3つ目の法則です。

工場管理は全て金額で行え!

工場管理において最も大切なことは「金額を知る」ということです。
驚くほど単純なことですが、とても大切なことなんです。

灯台下暗しという言葉の通り、大切なことは意外と身近にあって、見えていません。

例えば、本気でダイエットをしようと決意した人は、当然自分の体重を知っていますよね。
そして、食べるもののカロリー、運動で消費できるカロリーを常に意識しています。
また、鏡で体をチェックする、様々なダイエットに関する情報を入手します。

利益とは金額で示されるものです。

利益を生みだすと決意したら、自然と金額に意識が集中してくるものです。
逆に、金額に意識が集中していなければ、利益を生みだす土台ができていないことになるんです。

例えば、工場のコストの大半を占める材料費(原料、資材、仕入品など工場が購入したもの)
を言えない購買担当者が驚くほど多いんです。

何を、どれくらい買ったかは把握しているのですが、金額を全く意識していません。

旧ブログはこちらからどうぞ。
http://pe-michanpapa.hatenablog.com/