こんにちは、技術士(経営工学)のカスヤです。
昨日までは、利益が出ない工場の3大要因を解説してきました。

簡単に復習しておきましょう。以下の3つでしたね。

①利益が出ない仕事のやり方をしている。
②工場の管理者・現場リーダーが、利益の出る仕事のやり方を知らない。教えてもらっていない。
③経営者が本気で工場を改革しようと決意しても、従業員がついてこない
(分かっていても行動しない)

警告! 利益を増やしたければ、利益を減らしている要因を知れ

多くの中小製造業では、皮肉なことに利益が出ない仕事のやり方をしています。
しかし、現場の人はその事実に気づきません。
さらに厄介なことに、利益が出ないやり方を、よかれと思ってやっているんです。

しかも、現場で決定力を持つベテラン者ほど、このような間違いをしていて、
そのため若い人も同じような固定観念を持ってしまうんです。
これは非常に怖いことだと思いませんか?

私は中小製造業にもいたので、これを肌で感じていました。
さて、次回からものづくりの現場に潜む、利益を減らしている典型的なパターンを解説します。

旧ブログはこちらからどうぞう。
http://pe-michanpapa.hatenablog.com/