こんにちは、技術士(経営工学)のカスヤです。
それでは、3つ目の要因です。

あなたの工場ではこんなやり取りをしていませんか?

経営者「君たちは分かっているのに、なぜやらない?」
従業員「はい、やります」 ⇒ と言ってもやらない
経営者「本当に分かっているのか?!」
従業員「はい、分かっています。やりますよ」 ⇒ 実は分かっていない

要因3:分かっていても行動しない従業員


中小製造業の経営者と従業員は、良くも悪くも家族的な関係が出来ています。
親の心子知らず、というように、
経営者の将来に対する危機感や従業員を想う心というのは、従業員には伝わりにくいんです。

そのため、経営者が本気で工場改革をしようと決意しても、従業員がついてこない場合がほとんどです。
これは、自分たちの力で工場を変えていくことの難しさでもあるのです。
非常にもったいないと思いませんか?

工場でこんなやりとりがありました。

コンサル「どうしました?何か言いたそうですが?」
従業員「先生に今日言われたことは、前から社長にやれとさんざん言われていたんですよ」
コンサル「じゃあ、すぐやってみたら」
従業員「それは分かるんですが、具体的にどうやったらいいか今までわからなかったんです」
コンサル「具体的に行動しないと意味がありませんよ」
従業員「先生の話を聞いて、具体的なやり方が分かりました。まずやってみます」
経営者「私が言っても、全然聞かないので、先生から言って下さい」

経営者と従業員の関係性をいかに構築するか。それが利益を生み出すカギなんです。

旧ブログはこちらからどうぞう。
http://pe-michanpapa.hatenablog.com/