こんにちは、技術士(経営工学)のカスヤです。
前々回のエントリーでは、
『全ては”人”だ、私は、工場で働く”人”が利益を生み出せるようお手伝いをしている』
という話をしました。

一方で、「これからは、AIやITの時代、“人”の行う作業は減少していくのでは?」
と言われています。

今回はこれについて考えてみましょう。

これからは、人の行う作業がなくなる?

最近では、人工知能の分野における研究開発は目覚しく、
自動車の無人運転の本格的な実験等、あなたも周知の事実ですよね。

また私達の身近に起きている変化を考えると、
確かに“人”が行う作業というのは、近い将来、“劇的に減少していく”
ことは想像に難しくないと思います、

そしてこの大きな変化の流れは、製造現場にも大きな影響を与えることになるでしょう。

あなたも想像して下さい。
加工や組立、検査、移動、管理といった多くの工程が無人化され、
機械化・ロボット化が進んでいくことは間違いありません。

だからこそ、今、日本の中小製造業は“改善”に本格的に取り組む必要があるのです。

なぜなら、多くの工程が、機械化・ロボット化が進むと、
差別化する要素がなくなり、どこで生産しても同じということになるからです。

そうすると、当然、価格が安い所に仕事は集中することになりますよね。
そして、価格競争が激化していくんです。

この様な背景から、常に改善していることで、価格競争に巻き込まれたとしても、
コストダウンが実現でき、利益を確実に確保することができるようになるんです。

また機械やロボットは、同じものを導入すれば簡単に真似することができます
しかし、改善をする能力は簡単に真似することはできないんです

したがって、改善できる能力を持つことが、差別化要因になっていくのです。
だから、私は、『改善力のある人をつくる』活動をしているんです。

・機械やシステムは簡単に真似することができる。
・人の能力は簡単に真似することができない。

儲かる工場になるには、設備投資から”人財投資”への発想転換が必要になります。

旧ブログはこちらからどうぞ。
http://pe-michanpapa.hatenablog.com/